<三味線の由来>
三線(三味線)と良く似た楽器が中国にあります。 サムシェン(三絃)と言われる物で全長は沖縄の三線より長いですが、胴にニシキヘビの皮を使用しており弦も三本で全体の形状もそっくりです。 このふたつの楽器が近い親戚であることは容易に想像ができます。14世紀になって三味線が中国から伝来し、16世紀末に沖縄から堺に伝えられて、日本の音楽や歌謡に革命的影響を与 えた。 中国から伝来した三味線は、胴を蛇皮で張った高価なものであった。音楽 好きな沖縄の人々は芭蕉の茎からとった渋汁を使って、紙で胴を張る簡単な 製作法を考案した。これで三味線が急に普及した。沖縄人はまた棹の長さに も改良を加え、沖縄の音楽に合うよう工夫してきました。それが現在の三味線の形です。

商品名:カンカラ三味線
色、模様は写真と異なる場合があります 
数量:
単価: ¥6,300
商品名:カンカラ(シルバー)
お好きな絵を描けます。
数量:
単価: ¥5,985
商品名:カンカラ(ゴールド)
お好きな絵を描けます。
数量:
単価: ¥5,985
商品名: ミニ三味線
小さいサイズです
数量:
単価: ¥9,800
商品名:本皮三味線
胴の側面は紅型模様です
数量:
単価: ¥23,000
商品名:人工皮三味線
 
数量:
単価: ¥16,950


Copyright(c) 2004 OPS Co., Ltd. All rights reserved